専門知識・技術を活かした演習

専門知識・技術を活かした演習

専門知識・技術を活かした演習

ソフトウェア情報学部・ソフトウェア情報学研究科では、専門知識・技術を活かした様々な演習に取り組んでいます。ここでは、その一端を紹介します。

自立してプログラミングを行うための確かな基礎力を養成

ソフトウェア演習A〜D(1・2年次)

コンピュータを使ってソフトウェアを開発するためには、プログラミングの基礎力を学生各自がしっかりと身につけ、自立してプログラミングを行える必要があります。1年次前期から2年次後期にかけて開講されるソフトウェア演習A〜Dでは、プログラミングの基礎を体系的・体験的に養成します。
1年次に開講されるソフトウェア演習A・Bでは手続き型言語の1つであるC言語を、2年次に開講されるソフトウェア演習C・Dでは、オブジェクト指向言語の1つであるJava言語を扱います。豊富な演習を通して、Python等、他言語にも応用可能な確かな基礎力を獲成します。

ソフトウェア演習A〜D
 

「研究力」を実践的に早期から高める研究科目

コース演習 Ⅰ・Ⅱ(3年次)から卒業研究へ(4年次)

3年次からの研究科目として、前期は所属コースの専門を複数の研究室から広く学ぶ演習を、後期は所属研究至における4名程度の少人数演習を行い、実践的研究に必要な専門分野の知識・技術を修得します。4年次では、研究テーマを定め、主体的に卒業研究に取り組みます。「研究力」は、研究者だけに必要な力ではなく、企業でも必要な能力です。研究力を実践的に早期から高めることが、就職活動や、就職後の高い評価につながっています。

コース演習 Ⅰ・Ⅱ
 

問題発見・分析能力や課題解決能力を身につける

プロジェクト演習(1・2・3年次)・PBL

1〜3年生がチームを組んで、地域課題の分析やICTを活用した解決法の提案に取り組む必修科目「プロジェクト演習」は、本学部の実践型教育の一つです。3年間、さまざまな立場で問題分析の理論を学び、必要なスキルを実践的に身につけます。3学年混成の必修科目は全国的にも珍しく、平成26年には経済産業省「社会人基礎力を育成する授業30選」に選ばれました。一方、文部科学省のenPiT(成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成)専業の一環として実施する「PBL(Project Based Learning)は、学生主体の課題解決型の研究プロジェクトを支援するプログラム・大学院生と学部3・4年生の混成チームが自主的に取り組み、問題発見能力や課題解決能力を養います。

プロジェクト演習・PBL