岩手県立大学ソフトウェア情報学部

ソフトウェア情報学部

topics

本学部の取り組み「気象被害早期警戒・栽培支援のためのメッシュ農業気象データ利用基盤システム」がメディアで紹介されました

2017/10/06

 本学部の取り組み「気象被害早期警戒・栽培支援のためのメッシュ農業気象データ利用基盤システム」が各メディアで取り上げられました。

 本学部の南野謙一講師は,地域の農業モデルと警戒基準を登録後,農業気象データを用いて警戒情報を生成・伝達するシステムを開発しました。本取り組みは,スマートアグリと呼ばれる「情報技術×農業」の先端的な取り組みとして注目されています。


システムの画面例

 利用者は地図上から圃場位置を登録して,品種や移植日を設定するだけで,1kmメッシュ単位で圃場の気象情報や警戒情報を受取り,栽培管理に役立てることができます。
 詳しくは以下の関連資料をご覧ください。


■関連資料(pdf)はこちら

■関連サイトはこちら(日本テレビ放送動画 *当サイトの公開期限によりアクセスできない場合があります)