岩手県立大学ソフトウェア情報学部

ソフトウェア情報学部

topics

2016年度「プロジェクト演習」の成果発表会が行われました

2017/02/23

 去る1月25日(12:30 - 16:00)、今年度「プロジェクト演習」の成果発表会が開催されました。プロジェクト演習は、1年生から3年生までの学生約480名が、80余りの学年混成の少人数グループを構成してプロジェクトに取り組む必修授業です。

   

 今年度は地元企業4社が提示したテーマやオリジナルテーマを設定し、半年間に亘って検討して来た情報通信技術を活用した課題解決案をポスター形式で発表しました。発表は本学アリーナ(体育館)で行われ、課題提供の企業や自治体、マスコミなど多数の外部参加者を交えて行われました。

   

 また、本学部の高大連携の取り組みの一環で、山形県立酒田光陵高校情報科2年次の課題研究として取り組んだ生徒も本発表会に参加しました(会場賞受賞)。
 各テーマごとの受賞グループは以下の通りです。

テーマ
(テーマ提供者)
最優秀賞
テーマA(スターティアラボ株式会社) 「AR NAVI」

コンピュータグラフィックス学講座 グループA-15-a
(仲口健、紅谷彰浩、田村浩登、畠山知希、浪岡晃岐)
テーマB(盛岡ターミナルビル株式会社フェザン) 「WebでFesan Wesan」」

情報システム構築学講座 グループB-9-c
(佐藤直樹、山澤広和、谷内亨丞、和田克己)
テーマC(株式会社カガヤ)
「機械学習を用いた心身健康変調検知支援システムの提案」

情報環境デザイン学講座 グループC-13-b
(片桐規亨、佐々木瑞樹、菊地駿、戸羽俊介、藤原工)
テーマD(岩手県立大学健康サポートセンター)
「集団心理を用いた研究室対抗健康促進システム」

データベースシステム学講座 グループD-4-d
(樋口悠人、松本悠、董碩、小笠原諒、木村将也)
テーマE(独自テーマ)
「MORIO-Jポータルクーポン:コメント機能とクーポン発券機能によるポータルサイト-KIOSK端末連携システム」

言語情報学講座 グループE-5-d
(功刀剛、門脇春麗、高橋陸、喜多修太郎、近藤鯛貴)
会場賞 「AR Runrun Bus Useful System」

山形県立酒田光陵高校 情報科グループ
(高杉陽夏,後藤舞香)

なお、本取り組みはマスメディアにも取り上げられ、話題となりました。

■盛岡タイムス2017年1月24日(金) 7面
 「地域課題の解決法の提案 県立大ソフトウェア情報学部 演習の成果を学生発表」

■「プロジェクト演習」は各所より高い外部評価を受けています。
 詳しくは こちらの記事をご覧下さい。