岩手県立大学ソフトウェア情報学部

ソフトウェア情報学部

活躍する卒業生

大学院

大学・大学院の一貫教育をベースにより専門性の高いICT人材を育てる。

ソフトウェア情報学研究科では、研究領域として「基盤情報システム領域」と「知能メディアシステム領域」を設定。博士前期課程では、学部の4年間を合わせた6年間のスパンで、計画的に高度な専門性を持つ人材の育成のために、学部で優秀な成果を残した学生の推薦入試制度も充実しています。また、博士後期課程では、前期課程よりさらに踏み込んで、より高い研究能力を持った研究者や指導者を養成しています。

[少人数教育による実践的研究]

1.実践的研究を通じた教育

人や社会のために役立つ研究に主眼をおいた実践的教育を重視。企業との共同研究はもとより、ゼミナールでは課題解決型学習を導入するなど、現場での実践を見据えた教育を行っています。

2.徹底した個別指導・少人数指導

研究を通じて人を育てるという考えに基づき、個別指導・少人数指導を徹底。さらに多様な視点から指導をするため、各学生に1名の主指導教員と2名以上の副指導教員を配置しています。

3.課外講座を通じた教育

長期休暇には、海外の大学と国際交流を行ったり、社会人向けの技術講座に参加する機会を設けています。これらの活動を通じて、広い視野や実践的な専門力を身につけることができます。

4.研究活動の経済的支援

研究活動を支援するために日本学生支援機構奨学金、本学独自の奨学金や授業料免除制度も準備。学会発表を経済的にも支援する仕組みも充実しています。

[実践的研究による強い就職]

主な就職先

●(株)日立製作所●富士ゼロックス(株)●ヤフー(株)●楽天(株)●(株)サイバーエージェント
●NRIシステムテクノ(株)●NTTアドバンステクノロジ(株)
●三菱電機インフォメーションテクノロジー(株)●(株)日立ソリューションズ東日本●三菱スペース・ソフトウェア(株)
●(株)バンダイナムコゲームス●ドコモ・テクノロジ(株)●(株)さくらケーシーエス●(株)日本総合研究所●(株)IIJ
●(株)リード・レックス●(株)コーネッツ●(株)サンソウシステムズ●フューチャーアーキテクト(株)●三和電子(株)
●(株)スパイア●日立水戸エンジニアリング(株)●アイシン・コムクルーズ(株)●ユニチカ(株)●東京エレクトロン(株)