岩手県立大学ソフトウェア情報学部

ソフトウェア情報学部

キャンパスライフ

学生さんの日常を「学生生活」「講義&研究」「部活&サークル」ごとに学生広報チームの学生さんがまとめてくれました!



学生生活において、学生さん達の生命線と言えるのが「食堂」と「売店」。岩手県立大学生協さんが運営してくれています。

食堂からは天気がよいと岩手山が一望でき、ちょっとした高原気分。広いフロアの2階と3階があり、友達とみんなで食事ができます。また、料理が苦手な一人暮らしの方に強い味方の生協のミールカードも利用でき、とても便利です。 個人的なお薦めは、何と言っても「ソフトクリーム」。安い上に週替わりでおいしいです。また、冬場に心が温まるのが夕食限定の鍋セット。これもまた、安くてヘルシー感がたっぷりです。カップラーメンの食べすぎには注意です!

 また、「講座」は、授業外の時間に部屋でぶらぶらでき、学生生活の拠点であると同時に、異なった学年の先輩・後輩と仲良くなるチャンスの場でもあります。学年の垣根を越えた交流や課外活動への参加も積極的に行うと学生生活が充実すると思います!



講義や研究の中心になるのも「講座」。特に頼りになるのは、優しい先輩と一人一台づつ貸与されるデスクトップパソコン。24時間自由に出入りできる環境なので自分の好きな時に学べます(昼夜逆転には注意!)。

 通常の講義は、講座に顔を出し荷物を置いてから講義室へ行く友達も多いです。演習科目は講座ごとにやることが多いのですが、先生達に加え大学院生のやさしい先輩達がアシスタントとしてサポートしてくれるので助かってます。

 2年生の後期に講座に本配属されてからは、各コースや講座の専門領域を中心に学び、集大成の卒業研究・制作では、講座ごとの得意分野でテーマ決定やシステム設計、開発と幅広く行います。毎年年末には4年生の先輩たちの目に恐ろしいほどの気迫を感じます。



 学生生活を楽しむなら何かしらの部活やサークルには入ることをお薦めします。他学部との交流も増えます ^^ 最新の大会系サークルや文科系サークルの情報は、大学案内の最後の方のページを見るとよいです!

 サークル活動以外にも学生団体の活動に参加してみるのも手です。「学生会」のみならず「さんさ踊り実行委員会」に入って岩手を堪能してみるのもよいですね。